ロールキャベツはトマト味

毎週月・木更新

更新をお休みします

毎度ご覧いただき誠にありがとうございます。

 

諸事情(V6解散報道によって心がジェットコースター状態)により、当ブログは本日の更新をお休みします。次回更新は未定ですが、なるべく早く更新できるよう努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

また、次回記事の更新と共にこの記事は削除します。

 

 

 

食パンな肉まん

旅先の忘れられない味といえば、台湾で食べた肉まんが真っ先に脳内に浮かぶ。あれは転職先がようやく決まってすぐ行くことにした旅行だった。そして「台湾行きたい!来週!誰か一緒に行こ!」とツイッターに書き込んだら「行きまーす!」と手を挙げてもらったフォロワーと行くことになった旅行でもあった。フットワークの軽さよ。

ひたすら食べ歩きをしようということで旅行の打ち合わせ時にガイドブックを片手にGoogleMapを立ち上げて、「ここのお店行きたい!」と思った店にピンを刺していく作業は楽しかったな。また同じような体験が出来るのはいつになるだろうか。

さて、肉まんの話である。昼食を求めてふらふらと歩いていたら道端に人が並んでいるのを発見した。その行列の周りを見渡しても店らしきものはない。一体何だ?そう思いながら、その横を通り過ぎようとした。

「肉まん、みたいですね。」

そう隣にいた友人(フォロワー)に言われた。

肉まん、とな。美味しそうだけども。

「ちょっと待ったら蒸したてが買えるみたいなので私が並んでてもいいですか?」

どうやら友人の美味しいものレーダーが「これは絶対美味しいはず!」と反応しているようである。ならば止める理由はあるまいと、友人と一時的に解散することにした。ブラブラと散歩すること15分ほどだろうか。異国の地は歩いているだけでとても楽しい。元いた場所に戻ると、ニコニコと嬉しそうな表情をした友人が待っていた。手には大きな肉まん。嬉しそうな人を見るのは私も嬉しい。どうぞどうぞと食べるのを眺める。

「美味しい!」

友人のレーダーは、どうやらかなり優秀なようである。うわー!美味しそう!!と見ていたら「どうぞ〜。」と半分分けてもらった。優しい。

生地がフッカフカで持っただけで指で潰してしまいそうなくらい柔らかい。肉まんの生地の優しい温もりを感じながら、中の餡の香りを嗅ぐと胡椒なのか八角なのか、ほんのりスパイシーな香りがジューシーな肉の香りと共に鼻に入ってきた。ほわー。これは美味しそう。たまらず、かぶりつくと、よく練られた餡の歯応えと生地のフッカフカが合わさって最高に美味しかった。今まで日本でも肉まんをよく食べてきた方だとは思うが、ここまで美味しい肉まんは食べたことがない。生地が、生地がとにかくフカフカで焼きたての食パンを4枚切りとかにしてそのままフワッと包んだかのようなフカフカフワフワ感。あぁ、また食べたい。

勿体なかったので、少しだけ残して鞄に忍ばせておいたのを食べてみた。冷めてもあの生地のフワフワ感は失われておらず、蒸したてとはまた違った美味しさがあった。あぁ、また台湾に行きたい。

美味しい記憶と美味しい場所には、どこか魔法がかかっている気がする。

 

博多のごはん

2年ほど前の梅見の時期に友人と2人で福岡に旅行で行った。確か、新幹線のこだまが前売り格安チケットを売っていて「行こうぜ博多!」とトントン拍子で決まった旅行だったはず。

 

始発の新幹線に乗り込み約3時間、眠気と空腹に耐えながら博多駅に着いたとき、我々の胃袋は早くも限界である。理由は簡単、博多グルメを新幹線で移動中にこれでもかというくらい調べていたから。

「朝ご飯を…朝ご飯を食べましょう。」

そう言うや否や駅の案内板にダッシュで向かい、せっかく九州に来たのだからとJR九州が手がける卵の卵かけご飯が食べられる店に直行した。

これがもう美味しいのなんの。今まで卵かけご飯に対して、あのズルズル感とぼやけた味に若干の苦手意識を抱いていたが、「大丈夫!これが美味しい卵かけご飯ですよ!」と頭をはたかれたような衝撃だった。ほかほかの白ご飯は一粒一粒がしっかり立っていてそのままでも十二分に美味しいというのに、卵自身の濃厚な味とかけるだし醤油の味がまた合う。思わず、「美味しい美味しい」と声を出しながら食べていたら、友人も同じように「美味しい」とパァッと顔を明るくさせてした。

初っ端から九州グルメのレベルの高さに感動しつつ、駅のお土産コーナーの案内板を見ると「博多あまおうグルメ勢揃い」とある。ご存知の方も多いだろうが、あまおうとは苺の品種で、あまい、まるい、おおきい、うまい、の4つの単語の頭文字を取った名前である。そんな美味しい苺グルメがそこに勢揃いしてあるのなら、是非参りましょうと少し早足でお土産コーナーへ向かった。

「国境の長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった。」

そう書いたのは川端康成であるが、

「駅構内の連絡通路を抜けると、そこは天国であった。」

まさしくそんな光景が目の前に広がっていた。どこもかしこも、あまおうの商品が所狭しと並んでいて各店舗のスタッフが「美味しいですよ!」と声をあげて売り込んでいる。ひゃーどこのお店で買おうかと喜びの悲鳴をあげながらフロアを右往左往していると、とある店にずらりと行列ができていた。他の店も賑やかではあるが、こんなにも人が並んでいるのはここだけである。何だろう。チラリと横にいる友人の表情を見ると、気づいたのか好奇心の塊のような顔でこちらを見るので、ならば買いましょうと列に並ぶことに。お店の名前は「伊都きんぐ」。あまおう苺に特化した加工販売所である。

なになに。どうやら、あまおう苺の時期にあまおうをまるごと挟んだどら焼きを期間限定で売っていてそれが人を集めているようである。では、それを2つくださいと無事に購入。スタッフの女性の愛想も大変人懐っこい感じで良く、「帰りも来ますね」と軽い会話をしながらどら焼きを受け取った。見た目に反してずっしりと重い。これは期待できるぞと早速、空いていたバスの待合室で食べることにした。食に対して我慢ができない2人である。

伊都きんぐのあまおう苺どら焼き、あまりにも美味しすぎて「嘘やろ」と絶句した。なめらかな生地のしっとりふわふわ感、クリームとあんこの控えめな甘さ、果汁が詰まったジューシーなあまおう苺の歯応えと甘酸っぱさが合わさったときの美味しさときたら。どう言葉にしていいのかわからないくらい美味しかった。なんという完成度、なんというクオリティの高さ。

帰りも行こう。絶対に行こうねと友人と固く誓いながら我々はまた別の博多グルメを求めてバスに乗ったのであった。そう、これはまだJR博多駅内の話だったのである。

ソースか醤油か

目玉焼きにかける調味料の話である。人によっては、塩胡椒のみだったり、マヨネーズと醤油のコンビ技だったりするかもしれない。私は基本的には醤油派だが、たまにお好みソースをかけることもある。目玉焼きの黄身は半熟ではなく、7〜8割くらい火が通っているものが好きだ。黄身がしっとりしつつもホロッとしていてとても美味しい。フライパンに入れる油は多めにしておいて白身の縁にこんがりとしたレースのカーテンを着せるのも忘れないでほしい。

少し話は脇道にそれるが、日常の何気ない話題に、こういった「目玉焼きにかけるのはソースか醤油か」のような話題がよく出てくることが、私は好きだ。誰も傷つけないし、盛り上がるし楽しい。そういえば、このブログを作ったきっかけも「食に関することならネタに困ることがないだろう」と思ったからだった。それくらい、「食」に関して人々は動いてきたし、これからも動くだろう。流行りの食べ物、旬の食材、地域特有の料理など、話題に事欠かないのが「食」の魅力である。

私は食べ物が好きだ。食べ物に関する話も好きだ。食べることも大好きだ。胃袋が6つくらいあればいいのにと何度思ったことか。かといって、そんなにグルメでもないので、嫌いな物以外なら何でも大抵は美味しく食べるというお気楽食道楽である。そんなわけで今日の晩ご飯に目玉焼きとトーストでも全然オッケー。むしろウェルカムというわけで。

そうです。今日の晩ご飯は目玉焼きとトーストなんです。そして「この食事を楽しめるのって私くらいなものかしら」と不思議に思ったのでこうしてこの記事を食事を準備しながら書いているのです。私は朝ご飯みたいな晩ご飯でも楽しい。でも晩ご飯みたいな朝ご飯は起きたての胃袋が「いやぁ、この量は自分ちょっと無理ですね」と白旗をあげるので難しい。悔しい。一日中全力で食を楽しめる身体が欲しい。

さぁて、時計の針が22時を指していますが、今から目玉焼きとトーストをいただきますよ。

何をかけようかな。

ネタがない餃子

記念すべき10本目の記事だというのに、早速ネタ不足である。書こうと思えば、高校生のときに親にどん兵衛を食べられて本気で泣いた話や、フラッと立ち寄って買ったスコーンが美味しかった話など書けるには書けるのだが、いかんせん、こう、書こうと思えるような強さがない。あぁ、ネタがない。ネタがない。漫画家や作家は普段どのようにしてネタ不足を乗り切っているのだろうかとスマホで調べていたら、あっという間に1時間くらい経っていた。

ネタがないといえば、世の中の食事作りを悩ます1つが「メニューを考えること」だったように思う。要は、「ご飯のネタがない」状態である。そして私もよく悩まされている。毎日の料理とは冷蔵庫の中身と、自分の食べたいものや準備にかかる時間を考え、時には買い出しも行き、必要な調理器具を揃えてやっと出来る作業のことで、それが毎日、毎年、何十年も続くとなるとウンザリもするだろう。そしてネタ不足にもなるだろう。あぁ、ネタがない。ネタ、ネタ、ネタ。ひっくり返せばタネ、タネといえば餃子、餃子のタネ。そうだ、今日は餃子を作ろう。

適当なひき肉を冷凍庫から取り出し、適当な葉野菜が冷蔵庫にないかとゴソゴソする。今日はキャベツがあったからそれを使おう。餃子の皮とニラを買いに行こう。ついでに牛乳と食パンも買っておこう。他に買うものあったっけな。

さぁ、スーパーから帰ってきました。何故かお菓子や菓子パンがいくつか買い物袋に入っていることについては目をつぶっていただきたい。

米と水を炊飯器にセットして、冷凍庫から取り出してひき肉はまだ硬いので電子レンジの解凍モードにかけておこう。それでは、早速餃子作りに取り掛かる。キャベツとニラはザクザクとみじん切りにして塩を軽く振って混ぜておく、しばらくするとしんなりしてくるので、親の仇かというほど渾身の力でギュウギュウと絞って水気をきっておく。あとは適当にひき肉やら塩胡椒やらニンニクやらを混ぜて餃子のタネの出来上がり。さて、包むかと皮をよく拭いたテーブルに並べていると夫が帰ってきた。なんという良いタイミング。

私が元気よく「今日は餃子です!!」と声を張り上げると夫が「イェーイ!包みましょう!」と同じくらい大きな声で応えてくれた。

 

未体験ゾーンのチョコレート

「今年のバレンタインデーは高いチョコレートです。3500円しました。」

帰宅した夫にチョコレートの入った紙袋を渡してそう告げると、夫は素直に驚いた顔をした。

「もらってもいいの?」

「いいです。でも私も半分食べます。」

まだバレンタインデーではなかったので、食べるのは後にして早速中身を見てみようという話になった。うやうやしくチョコレートの箱を取り出し、テーブルの上に置く。そっと箱を開ける。うおぉ。と夫が驚嘆の声を出す。

「すごく綺麗。」

チョコレートと同じくらいキラキラとした瞳の夫を見ながら私は、そうでしょうそうでしょうと得意な顔をしておいた。そこから、気が済むまでスマホやらミラーレス一眼レフカメラやらで撮影を行い、飽きるまで色んな角度で見た。すでに楽しい。

バレンタインデー当日。夕食を終え、食器を片付けてからチョコレートを食す儀を執り行うことになった。せっかく高いチョコレートを楽しむのだからと、たまにしか飲まない高い紅茶もきちんとポットで淹れることにした。テーブルにお皿と紅茶をセットして完璧。さぁ、食べましょうと夫に声をかけるとキッチンで包丁に熱湯をかけていて「温めてから切ると綺麗に切れます」と説明してくれた。この人、本気だ。

夫が綺麗に半分にカットしてくれたチョコレートの断面をまじまじと見る。外側、内側、底部に色んな状態のチョコレートが入っているのが見える。真ん中にあるのは生チョコレートだろうか。箱に添付されていた各チョコレートの説明書きを見ながらいざ実食。このチョコレートはピスタチオとトンカ豆のものらしい。さぁ、高いチョコレートのお味やいかに。

「美味しい…!世界!」

これは私の発した言葉である。あまりにも美味しくて目からキラキラが溢れるかと思った。口の中で広がる香りの豊かさに驚いた。香水の香りの変化を最初から順に、トップノート、ミドルノート、ラストノートと表す用語があるが、チョコレートにも香りの変化があることを初めて知った。口に入れたときや、舌の上で溶かすときに口の中で広がる香り、喉を通ったあとに鼻に抜ける香りが違う。最初は、グッとチョコレートの苦味を感じるような香りで、次第にピスタチオの風味が強くなり、飲み込んだあとの香りは、その2つが合わさったような余韻のある香りになる。それでいて味も香りもスッキリと終わる。なんじゃこりゃ。とても美味しい。1粒で豪華な作品になっている。味も素晴らしく、ピスタチオの濃厚な旨味を感じながらチョコレートを舌の上でゆっくりと溶かしつつ食べるひとときは、心がほぐれてとても贅沢な気持ちになれた。高いチョコレートが好きな人はこの時間がきっと好きなのかもしれない。

この歳になっても新しく楽しい体験ができるものだと教えてくれたチョコレートだった。そして、高級チョコレートの美味しさを知ってしまった今、新たな沼に入ってしまいそうで少しだけ怖くも感じている。来年はどこのチョコレートを買おうかな。

世界が広がるチョコレート

世の中には、「高いチョコレート」というものがある。相場はわからないが、ボンボンショコラ1粒300〜500円あたりを超えてくるといわゆる「高いチョコレート」であり「高級チョコレート」といわれる部類に入るらしい。へえ。

「でも、私には関係のない話ならぬ関係のないチョコレートだ。」

と、高級チョコレートの存在を認識してから、はや数年、聞くところによると、どうやら「高級チョコレートは大変美味しい」らしい。そして「チョコレート沼」や「チョコレートオタク」と呼ばれるものも存在し、「推しショコラティエ」もあるそうな。

「それは興味深い。」

そう思っては見たものの、「高級」と頭にドッシリと付いている「高級チョコレート」は庶民の私にとっては手が出しにくい。どこかの石油王がホイッとプレゼントしてくれないかな。もちろん、してくれるわけない。うむ、ならばどこかのチョコレートオタクと「バレンタインにチョコレートを交換」してみるのはどうだろう。自分のために高級品を買うのは、やや抵抗があるけれど、人のためならプレゼントだからと楽しく買えるのではないか。よし、近くのチョコレートオタクを探そう。

「チョコレート?好きだよ。バレンタインに1〜2万円くらい課金してる。」

いた。なんなら探さなくてもいた。私には、甘いもの好きな友人がいるのだが、「もしかしてチョコレートオタクなのでは…?」と声をかけたらビンゴだった。話はサクサク進み、予算と交換する日程を決めてその日は終わった。

次はチョコレートを求めて買い出しにいかねばならない。なんとなく自分の中で「初めて買うならここがいい」と決めておいた洋菓子店に向かう。チョコレートが目玉商品の店でショーケースにはブラウニーやショコラテリーヌ、ガトーショコラから始まり、生ケーキコーナーにはオペラやチョコレートタルトもある。どれにしようか目移りするほどである。ええと、予算はこれくらいだから、チョコレートボンボンで予算に合うものがあれば買おう。あった。これにしよう。

チョコレートと目が合った。

そこにあったのは小さな箱に収められているチョコレートボンボン。宝石かと思うほど美しく、ライトに照らされてキラキラと控えめに輝いていた。動揺した。

「チョコレートってこんなに綺麗なの…?」

私、こんなチョコレート今まで知らなかった…!そりゃあオタクと呼ばれる人も出てくるよ!だって綺麗なんだもん!しかも食べられるとか!一粒で2度美味しいじゃん!そんなことを心の中で叫びながら、私は気づけば

「あ、これもください。」

と12粒3500円のチョコレートボンボンセットを夫と自分用に1つ購入したのだった。(続く)